28-42 神経疾患に関する記述である。


スポンサーリンク

28-42 神経疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) くも膜下出血は、脳実質内の出血である。
(2) ラクナ梗塞(穿通枝梗塞)は、太い血管に生じる脳梗塞である。
(3) アテローム血栓性脳梗塞は、細動脈の変性によって生じる。
(4) ウェルニッケ脳症は、ビタミンB12欠乏でみられる。
(5) パーキンソン病では、脳内のドーパミンが欠乏している。

解答・解説を見る

(1) くも膜下出血は、クモ膜下腔の出血である。

(2) ラクナ梗塞(穿通枝梗塞)は、細い血管に生じる脳梗塞である。

(3) アテローム血栓性脳梗塞は、動脈の変性によって生じる。(細動脈ではなく太い動脈)

(4) ウェルニッケ脳症は、ビタミンB1欠乏でみられる。

(5) パーキンソン病では、脳内のドーパミンが欠乏している。

問題・解説についてのお問い合わせ