29-52 発酵食品に関する記述である。


スポンサーリンク


52 発酵食品に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)米みその製造では、麦麹が用いられる。
(2)うす口しょうゆの塩分濃度は、濃口しょうゆに比べて低い。
(3)本みりんは、アルコールを含まない。
(4)野菜の漬物では、乳酸菌が生育する。
(5)ワインの製造では、酢酸菌が用いられる。

解答・解説を見る

(1)米味噌の製造では米こうじが用いられる。
 麦麹は、麦味噌や甘酒などの製造に用いられる。

(2)薄口しょうゆの塩分濃度は16%で濃口しょうゆの14.5%よりも高い。

(3)本みりんのアルコール濃度は14%、みりん風調味料は1%以下である。

(4)野菜の漬物では、乳酸菌が生育する。

(5)ワインの製造では酵母が用いられる。
 酢酸菌は、食酢の製造などに用いられる。


お問い合わせはこちら



コメント