コンテンツへスキップ
ホーム » 投稿 » 36-52 ボツリヌス菌とそれによる食中毒に関する記述である。

36-52 ボツリヌス菌とそれによる食中毒に関する記述である。

スポンサーリンク


36-52 ボツリヌス菌とそれによる食中毒に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 通性嫌気性の細菌である。

⑵ 高圧蒸気による 120℃ 20 分間の加熱で死滅しない。

⑶ 主な感染源は、生鮮魚介類である。

⑷ 潜伏期間は、一般に 10 日程度である。

⑸ 毒素は、末梢神経を麻痺させる。

解答・解説を見る

 

⑴ ボツリヌス菌は、偏性嫌気性のグラム陽性桿菌である。

⑵ 高圧蒸気による 120℃ 20 分間の加熱で(芽胞が)死滅する

100℃で6時間の加熱で菌が不活化し、120℃4分間の加熱で芽胞が死滅する。

⑶ 主な感染源は、いずしや缶詰食品などである。

⑷ 潜伏期間は、半日(12時間)~1日半(36時間)程度である。

 

⑸ 毒素は、末梢神経を麻痺させる。

スポンサーリンク


コメント

関連記事