コンテンツへスキップ

36-47 魚介類に関する記述である。

    スポンサーリンク


    36-47 魚介類に関する記述である。最も適当なのはどれか。1 つ選べ。

    ⑴ まぐろの普通肉は、その血合肉よりミオグロビン含量が多い。

    ⑵ 春獲りのかつおは、秋獲りのかつおより脂質含量が多い。

    ⑶ かきは、ひらめよりグリコーゲン含量が多い。

    ⑷ とびうおのうま味成分は、主にグアニル酸である。

    ⑸ 海水魚のトリメチルアミン量は、鮮度低下に伴って減少する。

    解答・解説を見る


    ⑴ まぐろの普通肉は、その血合肉よりミオグロビン含量が少ない

    ⑵ 春獲りのかつおは、秋獲りのかつおより脂質含量が少ない

    ⑶ かきは、ひらめよりグリコーゲン含量が多い。

    ⑷ とびうおのうま味成分は、主にイノシン酸である。

    こんぶに含まれる旨味成分は、グルタミン酸である。

    干しシイタケに含まれるうま味成分は、グアニル酸である。

    ⑸ 海水魚のトリメチルアミン量は、鮮度低下に伴って増加する。

     

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事