コンテンツへスキップ
ホーム » 投稿 » 36-56 食品添加物に関する記述である。

36-56 食品添加物に関する記述である。

スポンサーリンク


36-56 食品添加物に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ アスパルテームは、分子内にアラニンを含んでいる。

⑵ ソルビン酸には、強い殺菌作用がある。

⑶ 亜硝酸イオンは、ミオグロビンの発色に関与している。

⑷ コチニール色素の主色素は、アントシアニンである。

⑸ ナイシンは、酸化防止剤として用いられる。

解答・解説を見る

 

⑴ アスパルテームは、分子内にフェニルアラニンを含んでいる。

⑵ ソルビン酸には、静菌作用がある。

⑶ 亜硝酸イオンは、ミオグロビンの発色に関与している。

⑷ コチニール色素の主色素は、カルミン酸である。

⑸ ナイシンは、保存料として用いられる。

エリソルビン酸やブチルヒドロキシトルエン(BHT)は、酸化防止剤として用いられる。

 

 主な食品添加物

着色料 … アナトー色素、ウコン色素、クチナシ色素
漂白剤 … 亜硫酸ナトリウム、二酸化硫黄
発色剤 … 亜硝酸ナトリウム、硝酸カリウム
光沢剤 … カルバナロウ、ミツロウ
香 料 … アセト酢酸エチル、バニラ・イチゴ抽出物など

増粘剤 … アルギン酸ナトリウム、アラビアガム、ガーガム
乳化剤 … グリセリン脂肪酸エステル、大豆サポニン、植物性ステロール
膨張剤 … 炭酸アンモニウム、重層(炭酸水素ナトリウム)

酸味料 … クエン酸、コハク酸、乳酸、酒石酸
苦味料 … カフェイン、ナリンジン
保存料 … ソルビン酸、グリシン、安息香酸、ナイシン
酸化防止剤 … エリソルビン酸、ビタミンE(α-トコフェノール)、ビタミンC(L-アスコルビン酸)、ブチルヒドロキシトルエン(BHT)
甘味料 … サッカリン、アスパルテーム、ステビア、カンゾウ抽出物

 

類似問題

32-60 食品添加物とその用途の組合せである。 – カコモンズ(旧 Nスタディ)-管理栄養士国家試験 過去問 解答と解説 (nstudy.info)

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事