ホーム » 投稿 » 35-119 問題志向型診療録(POMR)とその内容に関する記述である。

35-119 問題志向型診療録(POMR)とその内容に関する記述である。

スポンサーリンク


35-119 問題志向型診療録(POMR)とその内容に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

 

⑴ 問題志向型システム(POS)の第 2 段階に当たる。

⑵ 基礎データは、SOAP に分けて記載する。

⑶ 記録は、5W2H 方式で記載する。

⑷ 問題リストは、基礎データから時間の経過に沿って記載する。

⑸ 初期計画は、問題ごとに記載する

解答・解説を見る

 

⑴  問題志向型システム(POS)の第 1段階に当たる。

問題志向型システム(POS)とは、患者の問題に注目してより良い治療を目指して努力する一連のプロセスである。

第1段階は、 問題志向型診療録(POMR)の作成
第2段階は、実施記録の監査
第3段階は、実施記録の修正である。

⑵  基礎データは、患者に関する情報であり、既往歴や臨床検査値を記載する。

⑶  記録は、SOAPやフローシートで行う。

⑷  問題リストは、症状や検査値異常等から明らかとなった問題点をリストにしたものである。

⑸ 初期計画は、問題ごとに記載する

 

スポンサーリンク


コメント