ホーム » 投稿 » 35-124 慢性心不全に関する記述である。

35-124 慢性心不全に関する記述である。

スポンサーリンク


35-124 慢性心不全に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 重症度評価には、ボルマン(Borrmann)分類が用いられる。

⑵ 脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)は、重症化とともに低下する。

⑶ 進行すると、悪液質となる。

⑷ エネルギー摂取量は、40 kcal/kg 標準体重/日とする。

⑸ 水分摂取量は、50 mL/kg 標準体重/日とする。

解答・解説を見る
⑴ ボルマン(Borrmann)分類は胃がん進行度の分類に用いられ、1~5型に分類される。

⑵ 脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)は、重症化とともに上昇する。

⑶ 進行すると、悪液質となる。

⑷ エネルギー摂取量は、25~35 kcal/kg 標準体重/日とする。

※各患者の活動量や肥満度などにより変動する。

⑸ 水分摂取量は、50 mL/kg 標準体重/日では、過剰である。

過剰な水分摂取は、全身の循環血液量を増加させ、心臓に負担をかける。
適切な水分摂取量は、患者の重症度によって異なることからそれぞれの主治医と相談する必要がある。
また、慢性心不全では、水分制限に加えて塩分制限(1 日 6g 未満 )が重要である。

スポンサーリンク


コメント