ホーム » 投稿 » 35-134 受傷後 4 日目の重症外傷患者の病態と経腸栄養法に関する記述である。

35-134 受傷後 4 日目の重症外傷患者の病態と経腸栄養法に関する記述である。

スポンサーリンク


35-134 受傷後 4 日目の重症外傷患者の病態と経腸栄養法に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 安静時エネルギー消費量は、低下する。

⑵ インスリン抵抗性は、増大する。

⑶ 水分投与量は、10 mL/kg 現体重/日とする。

⑷ NPC/N は、400 とする。

⑸ 脂肪エネルギー比率は、50%E とする。

解答・解説を見る
⑴ 安静時エネルギー消費量は、増加する。

⑵ インスリン抵抗性は、増大する。

⑶  熱傷創面からの水分喪失により必要水分量は増加することから、水分投与量は、10 mL/kg 現体重/日では摂取不足となる。

25~35 mL/kg 現体重/日や、摂取エネルギー量(kcal)×1mlが目安となる。

⑷ NPC/N 比(非たんぱく質カロリー窒素比)は、高度では100以下、中等度では120〜100が目安である。

NPC/N比:非たんぱく質カロリー/窒素比
たんぱく質を多く摂りたい場合には低く、たんぱく制限が必要な場合には高くする

⑸ 脂肪エネルギー比率は、20~30%E とする。

スポンサーリンク


コメント