ホーム » 投稿 » 35-114 経腸栄養法が禁忌となる患者である。

35-114 経腸栄養法が禁忌となる患者である。

スポンサーリンク


35-114 経腸栄養法が禁忌となる患者である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

 

⑴ 頭頚部がん術後

⑵ 食道裂孔ヘルニア

⑶ 胃全摘術後

⑷ 小腸完全閉塞

⑸ 人工肛門造設後

解答・解説を見る

 

解答 (4)

小腸完全閉塞では、経腸栄養補給法が禁忌となる。

 


経腸栄養法が禁忌となる患者

■治療効果が期待できない場合

①癌などによる下部消化管完全閉塞

②麻痺性イレウス

③難治性下痢症、急性腸炎などによる激しい下痢

④炎症性腸疾患急性増悪例

⑤下部消化管出血

⑥消化管外瘻(排液量が多い)

⑦重症急性膵炎

⑧ショック、多臓器不全など

 

■ほとんど治療効果が期待できない場合

①癌化学療法による腸管障害が強いとき

②早期に経口摂食が可能なとき

③急性胃腸炎

④癌末期などの予後不良例

⑤短腸症候群(残存小腸30cm以下)

 

編著/城谷典保:経静脈・経腸栄養のすべて、メディカルフレンド社 2001:p11-15(表3より作成)

スポンサーリンク


コメント