ホーム » 投稿 » 35-118 医薬品と医薬品が栄養素に及ぼす影響の組合せである。

35-118 医薬品と医薬品が栄養素に及ぼす影響の組合せである。

スポンサーリンク


35-118 医薬品と医薬品が栄養素に及ぼす影響の組合せである。

最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬 ーーカリウムの再吸収抑制

⑵ D─ペニシラミン ーーーーーーーー亜鉛の吸収促進

⑶ メトトレキサート ーーーーーーーー葉酸の代謝拮抗作用

⑷ サイアザイド系利尿薬 ーーーーーーーーナトリウムの尿中排泄抑制

⑸ ワルファリン ーーーーーーーービタミン K の作用増強

解答・解説を見る
⑴ アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬 ーーーーーーーーカリウムの再吸収促進

⑵ D─ペニシラミン ーーーーーーーー亜鉛の吸収抑制

D─ペニシラミンは、体内の重金属(水銀、銅、亜鉛など)と結合して、尿中へ排泄する働きがある。

⑶ メトトレキサート ーーーーーーーー葉酸の代謝拮抗作用

⑷ サイアザイド系利尿薬 ーーーーーーーーナトリウムの尿中排泄促進

⑸ ワルファリン ーーーーーーーービタミン K による作用低下

抗凝固薬であるワルファリンの薬理効果は、ビタミンKを多量に含む食品を摂取することにより低下する。

32-120 食品が医薬品の薬理効果に及ぼす影響に関する記述である。

スポンサーリンク


コメント