ホーム » 投稿 » 35-121 55 歳、男性。デスクワーク中心の仕事。身長 165 cm、体重 76 kg、BMI 27.9 kg/m2、標準体重 60 kg、内臓脂肪面積 110 cm2。

35-121 55 歳、男性。デスクワーク中心の仕事。身長 165 cm、体重 76 kg、BMI 27.9 kg/m2、標準体重 60 kg、内臓脂肪面積 110 cm2。

スポンサーリンク


35-121 55 歳、男性。デスクワーク中心の仕事。身長 165 cm、体重 76 kg、BMI 27.9 kg/m²、標準体重 60 kg、内臓脂肪面積 110 cm²。他に異常は認められなかった。この患者の 1 日当たりの目標栄養量である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

 

⑴ エネルギー 600 kcal

⑵ たんぱく質 70 g

⑶ 脂質 10 g

⑷ 炭水化物 300 g

⑸ 食塩 10 g

解答・解説を見る

35-121 55 歳、男性。デスクワーク中心の仕事。身長 165 cm、体重 76 kg、BMI 27.9 kg/m²、標準体重 60 kg、内臓脂肪面積 110 cm²。他に異常は認められなかった。この患者の 1 日当たりの目標栄養量である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⇒ BMI25以上、内臓脂肪面積100㎠以上であることから、内臓脂肪型肥満と診断される。

 

⑴ エネルギー 600 kcal ⇒非常に少ない。超低カロリー食(VLCD)であり、これを実施する場合、入院治療が必要である。

⑵ たんぱく質 70 g

⑶ 脂質 10 g ⇒少ない

⑷ 炭水化物 300 g ⇒多い

⑸ 食塩 10 g ⇒目標量を超えているため過剰。

 

 

⑴ 1800~2200kcal程度

55歳男性で身体活動レベルⅠであれば、推定エネルギー必要量は2,200kcalである。(日本人の食事摂取基準2020年版,p84)
しかしながら、BMIが27.9 kg/m2と高いため2200kcalより低い値にすることも検討される。

身体活動レベル
低い:1.50(1.40~1.60) ← デスクワークならこのレベル
ふつう:1.75(1.60~1.90)

高い:2.00(1.90~2.20)

標準体重をもとに計算をすれば、

標準体重60kg×25~30kcal=1500~1800kcal

となる。

⑵ たんぱく質 70 g

たんぱく質は、50代男性であれば14~20%エネルギーとする。

⑶ 脂質 40~60g

脂質は、20~30%エネルギーとする。

一日1800kcalとして、1800kcal×0.2~0.3÷9=40~60g

(日本人の食事摂取基準2020年版,p149より)

⑷ 炭水化物 220 g

⑸ 7.5g/日未満または、高血圧予防のため 6.0 g/日未満

食塩相当量の目標量

  • 男性:7.5g/日未満
  • 女性:6.5g/日未満)
  • 高血圧および慢性腎臓病(CKD)の重症化予防ためであれば、男女とも6.0g/日未満

日本人の食事摂取基準(2020年版)を参考に作成。

スポンサーリンク


コメント

関連記事