ホーム » 投稿 » 35-127 クッシング症候群で低下する検査値である。

35-127 クッシング症候群で低下する検査値である。

スポンサーリンク


35-127 クッシング症候群で低下する検査値である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 血圧

⑵ 血糖

⑶ 血清コレステロール

⑷ 尿中デオキシピリジノリン

⑸ 骨密度

解答・解説を見る

 

★ポイント★

  • クッシング症候群では、脳下垂体からのACTH(副腎皮質刺激ホルモン)過剰分泌によるコルチゾールの過剰分泌がみられる。
    コルチゾールは、糖質コルチコイドの一つであり、副腎皮質より分泌される。
  • 患者数は、女性に多い。
  • 特徴的な症状として、中心性肥満、赤ら顔、高血圧、糖尿病、満月様顔貌、月経異常、高血圧などがある。

 

⑴ 血圧は、上昇する。

高血圧は、特徴的な症状の一つである。

⑵ 血糖は、上昇する。

高血糖は、特徴的な症状の一つである。

⑶ 血清コレステロールは、上昇することが多い。

⑷ 尿中デオキシピリジノリンは、骨吸収のマーカーであり、骨粗しょう症では高値を示す。将来の骨折リスクの評価として用いることができる。

⑸ 骨密度

クッシング症候群では、骨密度の低下がみられる。これは、コルチゾールの過剰分泌によって骨形成が低下するためである。

 

スポンサーリンク


コメント