ホーム » 投稿 » 35-132 入院 2 日目の敗血症患者の病態と栄養管理に関する記述である。

35-132 入院 2 日目の敗血症患者の病態と栄養管理に関する記述である。

スポンサーリンク


35-132 入院 2 日目の敗血症患者の病態と栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 基礎代謝は、亢進する。

⑵ 体たんぱく質の異化は、抑制される。

⑶ 血糖値は、低下する。

⑷ 糸球体濾過量は、増加する。

⑸ 静脈栄養法は、禁忌である。

解答・解説を見る

⑴ 基礎代謝は、亢進する。

敗血症の主な症状には下痢や嘔吐、頭痛、発熱などがあり、基礎代謝は亢進する。

⑵ 体たんぱく質の異化は、亢進する。

⑶ インスリン抵抗性の増大により血糖値は、上昇する。

⑷ 糸球体濾過量は、減少する。

⑸ 症状に応じて、静脈栄養または経腸栄養を適応する。

なお、敗血症による臓器不全を併発している場合は、経腸栄養は適用できない。

スポンサーリンク


コメント