ホーム » 投稿 » 35-133 がん患者の病態と栄養管理に関する記述である。

35-133 がん患者の病態と栄養管理に関する記述である。

スポンサーリンク


35-133 がん患者の病態と栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

 

⑴ 悪液質では、筋たんぱく質の同化が優位になる。

⑵ 化学療法施行時には、食欲が増進する。

⑶ 胃切除術後は、カルシウムの吸収が亢進する。

⑷ 上行結腸にストマ(人工肛門)を造設した後は、脱水に注意する。

⑸ 終末期には、経口摂取は禁忌である。

解答・解説を見る
⑴ 悪液質では、筋たんぱく質の異化が優位になる。

⑵ 化学療法施行時には、食欲が低下する。

栄養不足の防止のため、経腸栄養や経静脈栄養が用いられる場合も有る。経口摂取が可能な場合は、無理のない程度で食べられるものから少しずつ食べるようにする。

⑶ 胃切除術後は、カルシウムやビタミンDの吸収が抑制される。

カルシウムは胃酸により溶解されてから小腸で吸収されるため、吸収が抑制される。

⑷ 上行結腸にストマ(人工肛門)を造設した後は、脱水に注意する。

⑸ 終末期であるからといって、経口摂取禁忌にはならない。

経口摂取は、口腔機能や摂食嚥下の維持、QOLの向上のためにも重要である。
経口摂取が可能かどうか、患者の食欲や腸管機能などから判断する。

 

関連記事

29-145 がん患者に関する記述である。

スポンサーリンク


コメント