ホーム » 投稿 » 35-115 経腸栄養剤に関する記述である。

35-115 経腸栄養剤に関する記述である。

スポンサーリンク


35-115 経腸栄養剤に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

 

⑴ 消化態栄養剤は、窒素源に低分子ペプチドを含む。

⑵ 成分栄養剤は、半消化態栄養剤より浸透圧が低い。

⑶ 血糖管理を目的とした経腸栄養剤は、脂肪エネルギー比率を 15%E としている。

⑷ 肝不全用経腸栄養剤は、芳香族アミノ酸が強化されている。

⑸ 免疫賦活を目的とした経腸栄養剤は、n─6 系脂肪酸が強化されている。

解答・解説を見る

解答(1)

 

⑴ 消化態栄養剤は、窒素源に低分子ペプチドとアミノ酸を含む。

⑵ 成分栄養剤は、半消化態栄養剤より浸透圧が高い。

☆成分栄養剤、消化態栄養剤、半消化態栄養剤の順に浸透圧が高く、浸透圧が高いものほど下痢が起きやすい。

⑶ 一般的な経腸栄養剤の脂肪エネルギー比率は25%以下であるが、血糖管理を目的とした経腸栄養剤はそれよりも脂質エネルギー比率が高く30~50%程度のものが多い。

例えば、アボット社のグルセルナ®は、脂質エネルギー比率50%である。

アボット,グルセルナ®-REX,http://products.abbott.co.jp/general/nourishment/glucerna/seibun.html

⑷ 肝不全用経腸栄養剤は、分岐鎖アミノ酸が強化されており、芳香族アミノ酸の量は少ない。

⑸ 免疫賦活を目的とした経腸栄養剤は、n-3 系脂肪酸やアルギニン、グルタミン、抗酸化物質などが強化されている。

スポンサーリンク


コメント

関連記事