34-87 成長・発達に関する記述である。


34-87 成長・発達に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)精神機能の変化の過程を、成長という。

(2)身長が伸びる過程を、発達という。

(3)臓器発育は、一定の速度で進む。

(4)身長が急激に伸びる時期は、成人までに 2 回存在する。

(5)体重 1 kg 当たりの体水分量は、新生児期より学童期で多い。

解答・解説を見る
(1)精神機能の変化の過程を、精神発達という。

(2)身長が伸びる過程を、成長という。

(3)臓器発育の速度は、臓器によって異なる。

発育の曲線をおおまかに4つの型に分類したものがスキャモンの曲線である。

画像:公益社団法人 日本フードスペシャリスト協会資料より引用

(4)身長が急激に伸びる時期は、成人までに 2 回存在する。

(5)体重 1 kg 当たりの体水分量は、学童期でおよそ60%、新生児期でおよそ80%と新生児期のほうが多い


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント