32-179 給食施設において、災害時のために購入する備蓄食品である。

スポンサーリンク

32-179 給食施設において、災害時のために購入する備蓄食品である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)常温保存可能な食品
(2)1食分ずつの個別包装食品
(3)2年以上の保存期間の食品
(4)加熱不要の食品
(5)下処理不要のカット生野菜

解答・解説を見る

(1)常温保存可能な食品

 災害時は、冷蔵庫や冷凍庫などの保冷機器の確保や電源を得ることが難しいため、常温保存が可能な食品は必要である。

(2)1食分ずつの個別包装食品

 1食分ずつであれば、配給が容易である。

(3)2年以上の保存期間の食品

 長期間の保管が可能な食品は、災害時の備蓄食品に向く。

(4)加熱不要の食品

 災害時は、熱源がないこともあるため加熱不要の食品は備蓄食品に向く。

(5)下処理不要のカット生野菜

 生野菜は、消費期限が短いため備蓄食品には向かない。

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら

コメント