32-173 給食施設の配食・配膳方式の特徴に関する記述である。

スポンサーリンク

32-173 給食施設の配食・配膳方式の特徴に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)中央配膳方式は、パントリー配膳方式(病棟配膳方式)より多くの作業従事者を必要とする。
(2)パントリー配膳方式は、中央配膳方式より利用者とのコミュニケーションがとりやすい。
(3)対面カウンター配膳方式は、料理の温度管理が困難である。
(4)学校における食缶配食方式は、個々の児童の摂取量の把握が容易である。
(5)事業所における弁当配食方式は、適切な温度管理が容易である。

解答・解説を見る

(1)中央配膳方式は、パントリー配膳方式(病棟配膳方式)より少ない調理従事者で提供が可能である。

 パントリー配膳方式では、厨房で作った料理を病棟のそれぞれのパントリーに運びそこで提供を行うため、パントリーごとに人員が必要である。

(2)パントリー配膳方式は、中央配膳方式より利用者とのコミュニケーションがとりやすい。

(3)対面カウンター配膳方式は、目の前で盛り付けるため料理の温度管理が容易である。

(4)学校における食缶配食方式は、個々の児童の摂取量の把握がむずかしい。

 食缶に余った量からおおよその摂取量を求めることができるが、個々の摂取量は把握しづらい。

(5)事業所における弁当配食方式は、適切な温度管理が難しい。

 適温管理か低温管理のどちらかに偏ることが多く、適切な温度の管理が難しい。

コメント