32-172 食材の在庫管理に関する記述である。

スポンサーリンク

32-172 食材の在庫管理に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1)期首在庫量は、前月末の棚卸し量を用いる。
(2)品質が劣化した食品は、在庫金額に含める。
(3)純食材科費は、期間支払金額と期末在庫金額の差である。
(4)定期的に使用する貯蔵食品は、複数回分をまとめて購入できる。
(5)食品の保管庫への出し入れは、食材料費日計表により管理する。

解答・解説を見る

(1)期首在庫量は、前月末の棚卸し量を用いる。

 棚卸しは、月に一度程度行われる在庫量の調査である。

(2)品質が劣化した食品は、在庫金額に含めない。

 品質が劣化したもの、腐敗したものは在庫金額に含めない。

(3)純食材科費は、期首在庫金額と期間支払金額の合計と、期末在庫金額との差である。

 純食材料費=(期首在庫金額+期間支払い金額)-期末在庫金額

(4)定期的に使用する貯蔵食品は、複数回分をまとめて購入できる。

(5)食品の保管庫への出し入れは、食品受払簿により管理する。

 食品受払簿…入庫した食材料と、出庫した食材料を記載したもの。

コメント