26-150 褥瘡に関する記述である。

スポンサーリンク

26-150 褥瘡に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 鎖骨部は、好発部位である。
(2) 治療は、創傷部を加圧することである。
(3) 糖尿病患者では、悪化しやすい。
(4) 鉄摂取を制限する。
(5) 水分摂取を制限する。


(1) 褥瘡の好発部位は仙骨部、尾骨部、踵骨部であり鎖骨部は、好発部位ではない
(2) 創傷部を加圧は褥瘡を悪化させるためしてはいけない。
(3) 糖尿病患者では、悪化しやすい。
(4)貧血による創傷部の悪化を防ぐため 鉄摂取は制限しない。
(5) 創傷部の乾燥を防止するため、水分摂取は制限しない。