30-46 豆類とその加工品に関する記述である。


スポンサーリンク

30-46 豆類とその加工品に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ

(1)小豆のでんぷん含量は、大豆より低い。
(2)小豆のたんぱく質は、主にグリシニンである。
(3)大豆の脂質は、主にドコサヘキサエン酸である。
(4)大豆の糖類には、ラフィノースが含まれる
(5)納豆の粘質物は、フコイダンである。

解答・解説を見る

(1)小豆のでんぷん含量は、大豆より高い。
 小豆は炭水化物を多く含み、脂質は少ない。炭水化物の含有量は、大豆(乾燥)で100g当たり約35g、小豆(乾燥)では約20g

(2)大豆のたんぱく質は、主にグリシニン。小豆のたんぱく質は主にグロブリンである。

(3)大豆の脂質は、主にリノール酸である。
 大豆には脂質が19%と多く含まれている。(他の豆類は2%程度である。)また、脂質の大部分はトリグリセリドで、構成脂肪酸は50%がリノール酸である。

(4)大豆の糖類には、ラフィノースが含まれる
 大豆に含まれる糖質及び炭水化物の割合は28.2%。
 そのうち、17.1%が食物繊維、5%がショ糖、4%がスタキオース、1%がラフィノースである。

(5)納豆の粘質物は、ムチンとγ−ポリグルタミン酸である。

問題・解説についてのお問い合わせ

コメント