コンテンツへスキップ

29-19 介護保険制度に関する記述である。

    スポンサーリンク


    29-19 介護保険制度に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)保険者は、都道府県である。
    (2)被保険者は、65歳以上の者である。
    (3)要介護認定は、主治医により行われる。
    (4)要介護認定を受けた者は、介護サービスを自分で選択することができる。
    (5)要介護認定において「非該当」の者は、介護予防事業の対象外となる。

    解答・解説を見る

    (1) 介護保険法により、介護保険制度の保険者は市区町村(市町村・特別区)とされています。

    (2) 介護保険では40歳以上の人が被保険者となる。

    (3) 要介護認定は主治医が行うことはない。

    (4) 要介護認定を受けた者は、介護サービスを自分で選択することができる。

    (5) 非該当と認定された人は、市が行う地域支援事業の介護予防事業を利用する

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事