26-67 特定保健用食品の表示に関する記述である。


26-67 特定保健用食品の表示に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 「歳をとってからの骨粗鬆症になるリスクを低減するかもしれません」の表示が許可されている関与成分は、ビタミンDである。
(2) 規格基準型特定保健用食品には、「根拠は必ずしも確立されていません」の表示が含まれている。
(3) 条件付き特定保健用食品の表示は、特定保健用食品と同じである。
(4) 特定保健用食品の保健の用途の表示を許可するのは、厚生労働省である。
(5) 保健の用途の表示内容は、ヒトにおける有効性と安全性が明らかにされている必要がある。

解答・解説を見る

★ 特定保健用食品には、特定保健用食品、特定保健用食品(疾病リスク低減表示)、特定保健用食品(規格基準型)、条件付き特定保健用食品がある。

(1) 「歳をとってからの骨粗鬆症になるリスクを低減するかもしれません」の表示が許可されている関与成分は、カルシウムである。

 カルシウム:「この食品はカルシウムを豊富に含みます。日頃の 運動と適切な量のカルシウムを含む健康的な食事は、若い女性が健全な骨の健康を維持し、歳をとってからの骨粗鬆症になるリスクを低減するかもしれません。」

(2) 条件付き特定保健用食品には、許可表示:「○○を含んでおり、根拠は必ずしも確立されていませんが、△△に適して いる可能性がある食品です。」の表示が必要である。

(3) 条件付き特定保健用食品の表示は、特定保健用食品と同じではなく、「条件付き」という表示が必要である。

(4) 特定保健用食品の保健の用途の表示を許可するのは、消費者庁である。

(5) 保健の用途の表示内容は、ヒトにおける有効性と安全性が明らかにされている必要がある。

参考:消費者庁「特定保健用食品」


問題・解説についてのお問い合わせ