26-52 卵の成分に関する記述である。


スポンサーリンク


26-52 卵の成分に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) オボムコイドは、ゆで加熱により凝固する。
(2) 卵黄の脂質は、トリアシルグリセロールが主成分である。
(3) 卵白の鉄含量は、卵黄より多い。
(4) 卵黄は、卵白よりアレルギーを起こしやすい。
(5) 全卵のコレステロール含量は、牛肉(脂身つき)と同程度である。

解答・解説を見る

(1) オボアルブミンは、ゆで加熱により凝固する。

 オボムコイドは卵のアレルゲン物質の一つである。

(2) 卵黄の脂質は、トリアシルグリセロールが主成分である。

 トリアシルグリセロールは、グリセロールに3分子の脂肪酸がエステル結合したもの。中性脂肪ともいわれる。

(3) 卵白の鉄含量は、卵黄より少ない

 脂質や、ビタミン、鉄などのミネラル類の含有量は、卵白よりも卵黄の方が多い。

(4) 卵黄は、卵白よりアレルギーを起こしにくい。

 卵白の方が、卵黄よりもアレルギーを起こしやすい。

(5) 全卵のコレステロール含量は、牛肉(脂身つき)より多い。


お問い合わせはこちら