26-63 食品添加物に関する記述である。


26-63 食品添加物に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 「既存添加物名簿」には、化学合成した添加物が記載されている。
(2) L-アスコルビン酸を酸化防止剤として使用する場合は、使用基準がない。
(3) dl-α-トコフェロールは、栄養強化の目的で使用することができる。
(4) β-カロテンを着色料の目的で使用する場合は、用途名併記の必要はない。
(5) イマザリルを防カビ剤として使用する場合は、使用基準がない。

解答・解説を見る

(1) 「既存添加物名簿」には、天然物由来の添加物が記載されている

<添加物の分類>
 ①指定添加物:食品衛生法第10条に基づき、厚生労働大臣が使用してよいと定めた食品添加物。天然物も含まれる。
 ②既存添加物:指定添加物のほか、わが国において広く使用されており、長い食経験があるもの
 ③天然香料
 ④一般飲食物添加物:一般に飲食に供されているもので添加物として使用されるもの

  参考:厚生労働省「食品添加物」

(2) L-アスコルビン酸を酸化防止剤として使用する場合は、使用基準がない。

(3) dl-α-トコフェロールは、酸化防止の目的で使用することができる。

(4) β-カロテンを着色料の目的で使用する場合は、用途名併記が必要である。

(5) イマザリルを防カビ剤として使用する場合は、使用基準がある。


問題・解説についてのお問い合わせ