26-42 体内における空気の成分の比較である。


スポンサーリンク


26-42 体内における空気の成分の比較である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 肺胞内の窒素分庄 > 肺胞内の酸素分圧
(2) 大動脈血の血漿中に溶解している酸素の量 > 大動脈血のヘモグロビンに結合している酸素の量
(3) 大動脈血に炭酸(H2CO3)の形で存在している二酸化炭素の量 > 大動脈に重炭酸イオン(HCO3-)の形で存在している二酸化炭素の量 
(4) 肺静脈血の二酸化炭素分圧 > 肺動脈血の二酸化炭素分圧
(5) 門脈血の酸素分圧 > 肝動脈血の酸素分圧

解答・解説を見る

(1) 肺胞内の窒素分庄 > 肺胞内の酸素分圧

(2) 大動脈血の血漿中に溶解している酸素の量  大動脈血のヘモグロビンに結合している酸素の量

 血中の酸素のほとんどはヘモグロビンと結合している。

(3) 大動脈血に炭酸(H2CO3)の形で存在している二酸化炭素の量 < 大動脈に重炭酸イオン(HCO3-)の形で存在している二酸化炭素の量 

(4) 肺静脈血の二酸化炭素分圧 < 肺動脈血の二酸化炭素分圧

 肺静脈(動脈血が流れる):肺→心臓(肺から出ていく)=肺で酸素を沢山受け取った血液が流れる。
 肺動脈(静脈血が流れる):心臓→肺(肺に入っていく)=肺に酸素を受け取りに行きたい血液が流れる。

(5) 門脈血(静脈血)の酸素分圧 < 肝動脈血(動脈血)の酸素分圧


お問い合わせはこちら