26-29 がんに関する記述である。


スポンサーリンク


26-29 がんに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) p53は、がん遺伝子の一つである。
(2) がん細胞が腹膜にばらまかれる進展様式を播種という。
(3) A型肝炎ウイルスは、肝細胞がん発症と密接な関係がある。
(4) 原発性肺がんの大部分は、移行上皮がんである。
(5) 腸上皮化生は、直腸がんの前がん状態である。

解答・解説を見る

(1) p53は、細胞ががん化したときアポトーシスを起こすがん抑制遺伝子である。

(2) がん細胞が腹膜にばらまかれる進展様式を播種という。

(3) 肝細胞がんに関与するのはB型、C型肝炎ウイルスである。

(4) 原発性肺がんの大部分は、腺がんが最も多く全体の約40%を占める。

(5) 腸上皮化生は、胃がんの前がん状態である。


お問い合わせはこちら