26-27 脂質とその代謝に関する記述である。


スポンサーリンク


26-27 脂質とその代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) HDLの粒子径は、キロミクロンより大きい。
(2) 肝臓のLDL受容体は、HMG-CoA還元酵素の阻害に伴って減少する。
(3) インスリンは、リポたんぱく質リパーゼ活性を低下させる。
(4) リポたんぱく質のコア部分は、リン脂質からなる。
(5) スカベンジャー受容体は、酸化LDLを結合する。

解答・解説を見る

(1) HDLの粒子径は、キロミクロンより小さい

 粒子径は、キロミクロン>VLDL>LDL>HDLの順に大きい。

(2) HMG-CoA還元酵素は、コレステロール合成の律速酵素であるためLDL受容体の発現は増加する。

(3) インスリンは、リポたんぱく質リパーゼ活性を上昇させる。

 リポタンパク質リパーゼは、遊離脂肪酸の脂肪組織への取り込みに関与する。

(4) リポたんぱく質のコア部分は、中性脂肪やコレステロールエステルからなる。

(5) スカベンジャー受容体は、酸化LDLを結合する。


お問い合わせはこちら