26-30 症候に関する記述である。


スポンサーリンク


26-30 症候に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 浮腫は、血漿膠質浸透圧の上昇により生じる。
(2) タール便は、直腸における出血でみられる。
(3) 仮面高血圧は、診察室血圧が高血圧である。
(4) JCS (Japan Coma Scale)は、心機能の指標である。
(5) 起坐呼吸は、呼吸を楽にするために座位をとる状態である。

解答・解説を見る

(1) 浮腫は、血漿膠質浸透圧の低下により生じる。

(2) 直腸における出血は潜血便となり、タール便は、上部消化管における出血でみられる。

(3) 仮面高血圧は、診察室で医師が測定すると正常だが、家庭などで自分で測定した血圧値が高血圧となる場合をいう。

(4) JCS (Japan Coma Scale)は、意識障害の指標である。

(5) 起坐呼吸は、呼吸を楽にするために座位をとる状態である。心不全や喘息の患者でみられる。


お問い合わせはこちら