26-34 誤嚥に関する記述である。


スポンサーリンク


26-34 誤嚥に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。
(1) 誤嚥の検査には、DEXA法を用いる。
(2) 高齢者には、不顕性誤嚥がみられる。
(3) 嚥下物の喉頭侵入では、異常音(ゴロゴロ音)が聴こえる。
(4) 経鼻胃管挿入状態は、誤嚥性肺炎のリスクになる。
(5) 誤嚥性肺炎の防止には、口腔ケアが有用である。

解答・解説を見る

(1) 誤嚥の検査には、造影法(VF)や内視鏡法(VE)を用いる。

(2) 高齢者には、不顕性誤嚥がみられる。

 不顕性誤嚥とは、睡眠中など無意識の間にしてしまう誤嚥で、むせや咳がみられないのが特徴である。

(3) 嚥下物の喉頭侵入では、異常音(ゴロゴロ音)が聴こえる。

(4) 経鼻胃管挿入状態は、誤嚥性肺炎のリスクになる。

(5) 誤嚥性肺炎の防止には、口腔ケアが有用である。


お問い合わせはこちら