26-41 健常成人の脳における代謝に関する記述である。


スポンサーリンク


26-41 健常成人の脳における代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 脳は、グリコーゲンを貯蔵する。
(2) たんぱく質は、血液脳関門を自由に通過できる。
(3) 脳では、ATPのほとんどがグルコースに由来する。
(4) 脳は、安静時において全身で使われるグルコースの約2%を使用する。
(5) 脳は、1日当たり約1,000kcalのエネルギーを消費する。

解答・解説を見る

(1) 脳は、グリコーゲンを貯蔵することはできない。

 グリコーゲンは、肝臓と筋肉に貯蔵されており、空腹時のエネルギー源として利用されている。
 また、肝臓に貯蔵されているグリコーゲンは血糖の維持に利用することができるが、筋肉のグリコーゲンは血糖の維持に利用することができない。これは筋肉にグルコース6ホスファターゼという酵素が無いためである。(グルコース6ホスファターゼは、糖新生の中でグルコース6リン酸をグルコースに変える酵素である。)

(2) たんぱく質は、血液脳関門を自由に通過できない。自由に通過できるのは水や酸素、二酸化炭素、、グルコース、一部のアミノ酸など。

(3) 脳では、ATPのほとんどがグルコースに由来する。

 空腹時には、一部ケトン体も利用される。

(4) 脳は、安静時において全身で使われるグルコースの約20%を使用する。

(5) 脳は、1日当たり約350kcalのエネルギーを消費する。


お問い合わせはこちら