26-40 内分泌に関する記述である。


スポンサーリンク


26-40 内分泌に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 原発性アルドステロン症では、高カリウム血症が起こる。
(2) ヨウ素欠乏は、甲状腺機能亢進症の原因となる。
(3) 尿崩症では、低ナトリウム血症が見られる。
(4) 循環血液量の減少は、アルドステロンの分泌を抑制する。
(5) 新生児の甲状腺機能低下症では、脳の発達障害が起こる。

解答・解説を見る

(1) 原発性アルドステロン症では、低カリウム血症が起こる。

 原発性アルドステロン症では、アルドステロンの分泌が過剰となる。アルドステロンは、腎尿細管におけるナトリウム再吸収促進、カリウム排泄促進の働きをもつため、このホルモンの過剰により血中カリウム濃度が低下し、低カリウム血症となる。

(2) ヨウ素欠乏は、甲状腺機能低下症の原因となる。

 ヨウ素は、甲状腺ホルモンの構成成分である。日本人は海藻などからヨウ素を摂取していることから、ヨウ素欠乏による甲状腺機能低下症は、日本ではあまり見られない。

(3) 尿崩症では、高ナトリウム血症が見られる。

 尿崩症では、尿の濃縮力が障害され、体内から尿として多量の水分が失われる。それにより高ナトリウム血症を発症する。

(4) 循環血液量の減少は、アルドステロンの分泌を促進する。

 アルドステロンは、循環血液量の増加に働くため。

(5) 新生児の甲状腺機能低下症では、脳の発達障害が起こる。


お問い合わせはこちら