26-49 自己免疫疾患に関する記述である。


スポンサーリンク


26-49 自己免疫疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 全身性エリテマトーデスは、日光浴で寛解する。
(2) 強皮症では、食道蠕動が低下する。
(3) 橋本病では、皮膚が湿潤になる。
(4) シェーグレン症候群では、唾液分泌が増加する。
(5) 関節リウマチは、成人になると治癒する。

解答・解説を見る

(1) 全身性エリテマトーデスは、日光浴で悪化する

 全身性エリテマトーデスでは、光線過敏症により皮膚に紅斑などの症状がみられる場合がある。

(2) 強皮症では、食道蠕動が低下する。

 強皮症では、組織の線維化により皮膚や消化管の組織が硬くなったり厚くなる。食道蠕動の低下もこれによるもので嚥下障害を起こす。また、しばしばレイノー現象もみられる。

(3) 橋本病では、皮膚が乾燥する。

 橋本病では、甲状腺機能の低下により発汗が低下し皮膚が乾燥する。

(4) シェーグレン症候群では、唾液分泌が減少する。

(5) 関節リウマチは、成人になって治癒することはない。

 関節リウマチは、30~40歳代の女性に多く見られる。


お問い合わせはこちら