26-22 染色体・核酸に関する記述である。


スポンサーリンク


26-22 染色体・核酸に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) クロマチンには、たんぱく質は含まれない。
(2) 細胞内のRNAで量が最も少ないのは、リボソームRNA (rRNA)である。
(3) DNAリガ-ゼは、DNA中の特定塩基配列を切断する。
(4) DNAと伝令RNA (mRNA)の塩基対形成を、DNAの変性と呼ぶ。
(5) ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法には、DNAポリメラーゼが用いられる。

解答・解説を見る

(1)クロマチンはDNAとタンパク質の複合体である。

(2)細胞内のRNAでrRNAが最も多い。

(3)DNAリガーゼはDNA中の特定塩基配列を接続する。

(4)DNAの変性とは2本鎖のDNAが高温やアルカリ処理によって1本鎖のDNAになること。

(5)ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法には、DNAポリメラーゼが用いられる。


お問い合わせはこちら