26-31 治療の方法に関する記述である。


スポンサーリンク


26-31 治療の方法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 経腸栄養法は、イレウスに行う。
(2) 生体肝移植は、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に行う。
(3) 血液透析は、糖尿病腎症第3期Aに行う。
(4) LDLアフェレーシスは、家族性高コレステロール血症に行う。
(5) 白血球(顆粒球)除去療法は、過敏性腸症候群に行う。

解答・解説を見る

(1) イレウスでは、腸が閉塞しているため経腸栄養法は行うことができない。ただし、経静脈栄養や中心静脈栄養法は可能である。

(2) 生体肝移植は、肝硬変などの治療で行われる。。

(3) 血液透析は、糖尿病腎症第4期に導入され、5期に移行する。

(4) LDLアフェレーシスは、家族性高コレステロール血症に行う。

(5) 白血球(顆粒球)除去療法は、潰瘍性大腸炎やクローン病の治療で行われる。


お問い合わせはこちら