スポンサーリンク

ホーム » 投稿 » 26-47 貧血とその血液検査所見に関する組合せである。

26-47 貧血とその血液検査所見に関する組合せである。

26-47 貧血とその血液検査所見に関する組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 鉄欠乏性貧血 — 不飽和鉄結合能(UIBC)低値
(2) 溶血性貧血 — ハプトグロビン低値
(3) 再生不良性貧血 — 葉酸低値
(4) 巨赤芽球性貧血 — ビタミンB12高値
(5) 腎性貧血 — エリスロポエチン高値

解答・解説を見る


(1) 鉄欠乏性貧血 — 不飽和鉄結合能(UIBC)高値

(2) 溶血性貧血 — ハプトグロビン低値

 溶血により遊離したヘモグロビンは、ハプトグロビンと結合するため、溶血性貧血ではハプトグロビンが低下する。

(3) 再生不良性貧血 — 赤血球数、血小板数、白血球数など低値

 再生不良性貧血では、「汎血球減少症」により赤血球、血小板、白血球は減少する。

(4) 巨赤芽球性貧血 — ビタミンB12、葉酸低値

(5) 腎性貧血 — エリスロポエチン低値

 エリスロポエチンは、赤血球の生成を促すホルモンである。エリスロポエチンは腎臓(少し肝臓でも)で作られるため、腎機能の低下などによりエリスロポエチンの産生が低下すると、腎性貧血を起こす。

下部のリストまたはタグをクリックすると、同じ年度・分野の問題を確認できます。