ホーム » 投稿 » 26-48 スギ花粉症のアレルギー発症機序の分類である。

26-48 スギ花粉症のアレルギー発症機序の分類である。

スポンサーリンク


26-48 スギ花粉症のアレルギー発症機序の分類である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) Ⅰ型
(2) Ⅱ型
(3) Ⅲ型
(4) Ⅳ型
(5) Ⅴ型

解答・解説を見る

(1) Ⅰ型…アナフィラキシー型(花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーショック、食物アレルギーなど)

 即時型の体液性免疫に分類される。
 Ⅰ型アレルギーには、主にIgEとマスト細胞が関与する。マスト細胞からはヒスタミンが放出される。

(2) Ⅱ型…細胞障害型反応(自己免疫性溶血性貧血、橋本病、Ⅰ型糖尿病など)

 即時型の体液性免疫に分類される。
 IgGやIgM、マクロファージ、好中球が関与する免疫反応である。

(3) Ⅲ型…免疫複合体型反応(血清病やループス腎炎、リウマチ性疾患、全身性エリテマトーデスなど)

 即時型の体液性免疫に分類される。免疫複合体とは、抗原と抗体が結合したものである。

(4) Ⅳ型…Tリンパ球依存型反応(ツベルクリン反応など)

 遅延型の細胞性免疫である。主にTリンパ球が関与する。

(5) Ⅴ型…自己抗体による(甲状腺機能亢進症やバセドウ病など)

スポンサーリンク