34-11 感染症法により、医師の診断後、直ちに保健所長を通じて都道府県知事へ届け出る疾患である。


34-11 感染症法により、医師の診断後、直ちに保健所長を通じて都道府県知事へ届け出る疾患である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)梅毒

(2)E型肝炎

(3)クリプトスポリジウム症

(4)後天性免疫不全症候群

(5)クロイツフェルト・ヤコブ病

解答・解説を見る
(1)梅毒は、5類感染症であり7日以内に届け出る必要がある。

(2)E型肝炎は、4類感染症であり直ちに届け出る必要がある。

(3)クリプトスポリジウム症は、5類感染症であり7日以内に届け出る必要がある。

(4)後天性免疫不全症候群は、5類感染症であり7日以内に届け出る必要がある。

(5)クロイツフェルト・ヤコブ病は、5類感染症であり7日以内に届け出る必要がある。

参考資料:厚生労働省「感染症法に基づく医師の届出のお願い」(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/kekkaku-kansenshou11/01.html)


*梅毒:syphilis
*E型肝炎:hepatitis E


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント