34-157 病院の給食経営における業務の効率化につながる取組と、その際に考慮すべき事項の組合せである。


34-157 病院の給食経営における業務の効率化につながる取組と、その際に考慮すべき事項の組合せである。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

(1)生鮮野菜からカット野菜への切替え ――食材料費

(2)食事箋の電子化――――――――――― 調理従事者の能力

(3)配膳方式の変更 ――――――――――― 調理従事者数

(4)最新機能の厨房機器の配置 ―――――― 作業動線

(5)生産システムの変更 ――――――――― 厨房設備

解答・解説を見る
(1)生鮮野菜からカット野菜への切替え ――食材料費

カット野菜へ切り替えると食材費が上がることが考えられるので食材料費を考慮すべきである。

(2)調理従事者及び調理員は、食事箋の作成に直接関わらないため誤りであると思われる。

(3)配膳方式の変更 ――――――――――― 調理従事者数

(4)最新機能の厨房機器の配置 ―――――― 作業動線

(5)生産システムの変更 ――――――――― 厨房設備

 


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント