34-161 調理従事者の OJT(on the job training)に関する記述である。


34-161 調理従事者の OJT(on the job training)に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)調理作業中に、職場の厨房機器の操作方法について指導を受ける。

(2)保健所で開催される、食中毒予防の研修会に参加する。

(3)自らの意志で、厨房設備に関する通信教育を受講する。

(4)休日を利用し、厨房機器展示会に参加する。

(5)参加費を自己負担し、料理講習会に参加する。

解答・解説を見る

OJT (on the job training)とは上司や先輩が部下や後輩に対して、職場で実務を通じて指導し、技術や知識を身に付けさせる教育方法である。

これに対して、日常業務を離れて行う教育方法をOff-JT (Off the job training)という。

(1)調理作業中に、職場の厨房機器の操作方法について指導を受ける。

OJT(on the job training)で正しい。

(2)保健所で開催される、食中毒予防の研修会に参加する。

Off-JT(Off The Job Training)である。

Off-JTでは、外部の施設等の職場以外の場所で業務に関する研修などの受ける。

(3)自らの意志で、厨房設備に関する通信教育を受講する。

自己啓発(Self Development)である。

(4)休日を利用し、厨房機器展示会に参加する。

自己啓発(Self Development)である。※

(※自らの意思であれば、自己啓発。会社の指示で研修の一環であればOff-JT。)

(5)参加費を自己負担し、料理講習会に参加する。

自己啓発(Self Development)である。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント