34-132 22歳、女性。神経性やせ症(神経性食欲不振症)。嘔吐や下痢を繰り返し、2週間以上ほとんど食事摂取ができず、入院となった。


34-132 22歳、女性。神経性やせ症(神経性食欲不振症)。嘔吐や下痢を繰り返し、2週間以上ほとんど食事摂取ができず、入院となった。この患者の病態および栄養管理に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)インスリンの分泌が亢進する。

(2)無月経がみられる。

(3)高カリウム血症がみられる。

(4)エネルギーの摂取量は、35kcal/kg標準体重/日から開始する。

(5)経腸栄養剤の使用は、禁忌である。

解答・解説を見る
(1)インスリン様成長因子1の分泌が低下し、成長ホルモンやコルチゾール、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)等の分泌が亢進する。

(2)無月経がみられる。

(3)低カリウム血症がみられる。

神経性やせ症では、ナトリウム、カリウム、クロール、リン、カルシウム、マグネシウムなどの電解質の低下がみられる。

(4)エネルギーの摂取量は、200~300kcal/日程度から開始し徐々に増やし30~35kcal/kg標準体重/日程度のエネルギー摂取量を目指す。

(5)基本的には、経口摂取とするが、必要に応じて経腸栄養剤を選択する場合がある。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント