34-112 代償性肝硬変患者の栄養モニタリング項目である。


34-112 代償性肝硬変患者の栄養モニタリング項目である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)肝性脳症の有無

(2)浮腫の有無

(3)筋肉量

(4)ウエスト/ヒップ比

解答・解説を見る
(1)肝性脳症

肝性脳症は、主に非代償性肝硬変患者でみられる症状である。

(2)腹水の有無

代償性肝硬変患者では、腹水の貯留を防ぐために食塩摂取量を制限する。

(3)筋肉量

肝硬変患者では、肝臓におけるたんぱく質合成能の低下により、筋肉量の低下がみられる。

BCAAの補給などで対処する。

(4)ウエスト/ヒップ比


肝硬変は英語で「hepatic cirrhosis(HC)」


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント