34-127 うっ血性心不全が増悪した時の病態と栄養管理に関する記述である。


34-127 うっ血性心不全が増悪した時の病態と栄養管理に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)心胸郭比は、小さくなる。

(2)交感神経系は、抑制される。

(3)血漿BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)値は、上昇する。

(4)水分摂取量は、50ml/㎏標準体重/日とする。

(5)食塩摂取量は、8g/日とする。

解答・解説を見る
(1)心胸郭比(CTR:cardiothoracic ratio)は、拡大する。

ちなみに、心胸郭比は

最大心臓横径/胸郭最大横径×100(%)

で求められる。

(2)交感神経系は促進し、心不全によって低下した心拍数や血圧を維持しようとする。

(3)血漿BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)値は、上昇する。

血漿BNPは、心不全の重症度の指標の一つである。

(4)水分摂取量は、増悪時には特に水分の制限が重要であり前日の尿量を参考とする。

(5)増悪時では、厳格な食塩摂取量が要求され、8g/日は過剰である。

参考:急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)


*うっ血性心不全(CHF):congestive heart failure

*交感神経:sympathetic nervous


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント