34-123 胃食道逆流症の栄養管理に関する記述である。


34-123 胃食道逆流症の栄養管理に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)1回当たりの食事量を多くする。

(2)脂質の摂取エネルギー比率を、35%E以上とする。

(3)夕食後は、1時間以内に就寝する。

(4)就寝は、仰臥位を勧める。

(5)胃瘻では、半固形タイプの栄養剤を用いる。

解答・解説を見る
(1)過食を避ける。

(2)脂質の摂取エネルギー比率を、20~25%E程度とする。

胃食道逆流症では、胃液の分泌が増加するような脂肪分の多い食事(高脂質食)を控える。

(3)夕食後、2時間以上あけて就寝する。

(4)就寝は、セミファーラー位(少し頭を高くした姿勢)を勧める。

(5)胃瘻では、半固形タイプの栄養剤を用いる。


胃食道逆流症:Gastroesophageal reflux disease


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント