コンテンツへスキップ

34-131 内分泌疾患の栄養管理に関する記述である。

    スポンサーリンク


    34-131 内分泌疾患の栄養管理に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

    (1)甲状腺機能亢進症では、エネルギーの摂取量を制限する。

    (2)甲状腺機能亢進症では、たんぱく質の摂取量を制限する。

    (3)橋本病では、ヨウ素の摂取量を制限する。

    (4)クッシング症候群では、ナトリウムの摂取量を制限する。

    (5)クッシング症候群では、カルシウムの摂取量を制限する。

    解答・解説を見る
    (1)甲状腺機能亢進症では、エネルギー代謝の亢進によりエネルギーの必要量が増加するため十分なエネルギーの摂取量が必要

    (2)甲状腺機能亢進症では、たんぱく質もエネルギーと同様で十分な摂取量が必要である。

    (3)橋本病では、ヨウ素(ヨード)の多量摂取を避ける

    (4)クッシング症候群では、ナトリウムの摂取量を制限する。

    クッシング症候群では、ナトリウムの再吸収が亢進しており過剰なナトリウムの摂取を避ける。

    (5)クッシング症候群では、カルシウムの摂取量の制限はしない

    クッシング症候群では、カリウムの排泄亢進により低カリウム血症を起こすことがある。


    *クッシング症候群:Cushing’s syndrome

    *甲状腺機能亢進症:hyperthyroidism

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事