34-134 消化器手術と、それにより引き起こされる障害リスクの組合せである。


34-134 消化器手術と、それにより引き起こされる障害リスクの組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)食道切除 ――――ビタミン A の吸収障害

(2)胃全摘 ―――――骨粗鬆症

(3)直腸切除 ――――巨赤芽球性貧血

(4)大腸切除――――ダンピング症候群

(5)胆嚢摘出 ――――ビタミン B1 の吸収障害

解答・解説を見る
(1)食道切除の障害リスクには、縫合不全による食道の炎症、嚥下障害、肺炎などがある。また、胃切除後と同様にダンピング症候群を起こすこともある。

(2)胃全摘 ―――――骨粗鬆症

胃全摘後は、カルシウムの吸収が低下し骨粗鬆症のリスクが高まる。

(3)直腸切除の障害リスクには、排便障害、排尿障害(直腸の周囲に排尿を司る神経があるため)、感染症などがある。

(4)ダンピング症候群は、胃切除後に引き起こされる。

大腸切除後の、栄養素の不足は通常は見られない。

(5)ビタミン B1 の吸収障害は、胃切除後に起こりやすい。

胆嚢摘出の合併症には、手術中の出血や、胆嚢から胆汁が漏れ出すことによる胆汁腹膜炎などがある。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント