コンテンツへスキップ

33-179 給食の安全・衛生管理に配慮した施設・設備に関する記述である。

    スポンサーリンク


    33-179 給食の安全・衛生管理に配慮した施設・設備に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)窓は、十分な換気を行うために、開けておく。
    (2)排水中の油分を除去するためには、グレーチングを設置する。
    (3)シンクの排水溝は、排水が飛散しない構造のものとする。
    (4)配膳室の床は、排水のために勾配をつける。
    (5)調理従事者専用トイレの手洗いは、厨房の手洗い設備と併用できる。

    解答・解説を見る
    (1)窓は、施設の出入口及び窓は極力閉めておく

    大量調理衛生管理マニュアルによれば、「施設の出入口及び窓は極力閉めておくとともに、外部に開放される部分には網
    戸、エアカーテン、自動ドア等を設置し、ねずみや昆虫の侵入を防止すること。」とされている。

    (2)排水中の油分を除去するためには、グリストラップを設置する。

    (3)シンクの排水溝は、排水が飛散しない構造のものとする。

    (4)床面に水を使用する場所では、排水のために勾配をつける。よって、配膳室には不要である。

    (5)調理従事者専用トイレの手洗いは、厨房の手洗い設備と併用できない。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事