33-172 給食の原価管理に関する記述である。


33-172 給食の原価管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)原価は、生産・販売およびサービス提供のために要した費用である。
(2)損益計算書の売上原価には、間接経費が含まれる。
(3)損益分岐点比率が高いほど、収益が高い。
(4)減価償却費は、変動費に含まれる。
(5)パートタイム労働者の賃金は、固定費に含まれる。

解答・解説を見る
(1)原価は、生産・販売およびサービス提供のために要した費用である。

(2)損益計算書の売上原価には、間接経費は含まれない

損益計算書の売上原価は、期首在庫+当期仕入高-期末在庫で求めることができる。

(3)損益分岐点比率が低いほど、収益が高い。

(4)減価償却費は、固定費に含まれる。

固定費と変動費の違いと損益分岐点の計算

(5)パートタイム労働者の賃金は、変動費に含まれる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント