33-166 サイクルメニュー導入の利点に関する記述である。


33-166 サイクルメニュー導入の利点に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)献立作成業務が軽減できる。
(2)食材料発注業務が簡素化できる。
(3)調理作業が標準化できる。
(4)棚卸業務が省略できる。
(5)食数管理が効率化できる。

解答・解説を見る

サイクルメニューでは、月単位もしくは週単位で給食のメニューを繰り返し提供する方法である。

(1)献立作成業務が軽減できる。

定期的な献立の見直しは必要あ芽、毎回新しい献立を立てる必要がなくなるので負担が軽減する。

(2)食材料発注業務が簡素化できる。

(3)調理作業が標準化できる。

(4)棚卸業務は省略できない。

たとえサイクルメニューだからといって、棚卸作業は在庫管理のために省略することはできない。
また、期首棚卸高や期末棚卸高を把握することで、売上原価を算出するなど給食経営に重要な作業である。

(5)食数管理が効率化できる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント