ホーム » 投稿 » 31-22 アミノ酸・たんぱく質の代謝に関する記述である。

31-22 アミノ酸・たんぱく質の代謝に関する記述である。

スポンサーリンク


31-22 アミノ酸・たんぱく質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)唾液は、タンパク質分解酵素を持つ。
(2)アラニンは、アミノ基転移反応によりオキサロ酢酸になる。
(3)アドレナリンは、トリプトファンから合成される。
(4)尿素回路は、アンモニア代謝に関与する。
(5)ユビキチンは、たんぱく質合成を促進する。

解答・解説を見る

(1)唾液はブドウ糖や二糖類を加水分解するアミラーゼを持つ。

 体内のタンパク質分解酵素としては、ペプシンがある。

(2)アラニンは、アミノ基転移反応によりピルビン酸になる。

 オキサロ酢酸は、アミノ基転移反応によってアスパラギン酸になる。

(3)アドレナリンは、フェニルアラニンから合成される。

 トリプトファンからは、セロトニンやメラトニンが合成される。
 フェニルアラニンからは、チロシンや、アドレナリン、ドーパミン等が合成される。
 ヒスチジンからは、ヒスタミンが合成される。

(4)尿素回路は、アンモニア代謝に関与する。

 尿素回路は、肝臓に存在し、人体にとって有害なアンモニアを尿素に変える回路である。

(5)ユビキチンは、たんぱく質分解を促進する。

スポンサーリンク


関連記事